技能実習生の「失踪」が過去最多に 背景に過酷な経済状況
技能実習生の「失踪」が過去最多に 背景に過酷な経済状況  アエラドット 朝日新聞出版
(出典:アエラドット 朝日新聞出版)


McBEE仕様の携帯電話としてコラボレーションしている。 2017年12月12日、「ガイアの夜明け」(テレビ東京)が、岐阜県の縫製工場が外国技能実習を毎日ほぼ休みなく朝8時から深夜12時まで、最低賃金を下回る時給400円で働かせていることを報じた。ネット上で、この工場で作っていた製品がジャパンイマジネーション(以下
7キロバイト (940 語) - 2017年12月23日 (土) 18:54



(出典 img.recordchina.co.jp)


外交人労働者の受け入れは、年々増加しています。

外国人労働者の受け入れは、平成31年度から5年間で最大約34万5000人ほど。そのうち、約45%は外国人技術実習生からの移行(累計で12~15万人に上る見通し)を想定していると、法務省は明らかにしています。

「3K」の労働環境が変わらないまま、外国人労働者に押し付けている現状があります。日本人が敬遠する場所で、低賃金で長時間労働をを強いられている外国人労働者がいるのです。
労働環境が良くなれば、日本人労働者の就職も増えそうですが・・。

外国人労働者を受け入れるなら、国や企業がしっかりした体制を整えることが急務だと思います。

1 ばーど ★ :2018/11/22(木) 09:48:23.15

※たまたまスレ

外国人労働者の受け入れ拡大を巡って法務省は、失踪した技能実習生からの聞き取り内容を記録した「調査票」を国会に提出しました。しかし、閲覧しか許されず、野党は反発しています。

立憲民主党・逢坂衆院議員:「(調査票を)1枚1枚、見て書き取りをしている。どう考えてもおかしい。理不尽な情報非開示だと思う」
 
調査票は失踪した実習生、約2800人に賃金や失踪理由などを聞き取りしたものです。しかし、認められたのは閲覧だけで、コピーも配布されなかったため、野党議員が1枚ずつ書き写す事態となりました。閲覧した議員によりますと、手取りの月給が3万円という事例や月に170時間の長時間労働をしていた事例もあったということです。

2018/11/20 00:05
テレ朝ニュース
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000141173.html

★1が立った時間 2018/11/20(火) 22:16:45.02
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542719805/





12 名無しさん@1周年 :2018/11/22(木) 09:52:26.02

>>1
悪意のあるタイトル
実際は本国の仲介人に中抜きされてんだろう


25 名無しさん@1周年 :2018/11/22(木) 09:58:53.49

>>1

(出典 www.targma.jp)


・大前提として、実習生は借金して日本に来てる
(日本に来る前3か月くらいは現地で日本語勉強しないといけない、もちろん全額自腹)

・最低賃金以下で働かせられることも多々あり、「有休を使わせてほしい」というと強制帰国
(帰国させれば裁判はまずない)

・逃げ出して助けを求めれば、実習生が不法滞在で逮捕され強制送還
・転職したくても、それをすると実習生が在留資格違反で逮捕され強制送還



横浜市の水産加工会社で働いていたベトナム人男性技能実習生(27)が、
男性の受け入れ窓口となった監理団体「房総振興協同組合」(千葉県鴨川市)に有給休暇を取りたいと伝えたところ、
房総組合職員が2月、事前通告もなく男性宅に押し掛け、ベトナムに強制帰国させていたことが関係者への取材で明らかになった。

 契約書では勤務開始から半年経過すれば10日間、年次有給休暇が取得できるとなっており、
男性は昨年3月から勤務していた。本来、実習生を保護すべき監理団体側が労働者の基本的権利を無視した格好だ。

 実習制度に詳しい弁護士は営利目的略取・誘拐や住居侵入の罪に当たる可能性もある重大な犯罪だと指摘
して…

この記事は有料記事です。
https://mainichi.jp/articles/20180408/k00/00m/040/084000c


26 世界は「グローバリズムの危険性」から目覚めているのに逆行する日本! :2018/11/22(木) 09:58:56.75

>>1
 > 安倍首相は「外国人との共生社会の実現に向け環境整備を進めていく」。


トランプ政権を始め世界的に“反グローバリズム”に政策転換している現在、
世界のトレンドから周回遅れというより、むしろ“逆走”をしている安倍政権。


この移民推進で裏で糸を引いているのは『新自由主義』の“グローバリスト”。

   だから、入管法改正は労働者の賃金を抑制させることが大きな目標。


     日本国民は人件費削減の一環として賃金が抑制される、

     賃金が抑制されると経営者の生産性向上意欲が減少する、

     また、法人税率が下がる一方で消費税率の方が上がる、

     外国人の増加分だけ社会保障サービスの質が低下する、

     ポリコレ強要による日本の文化破壊、秩序・治安の低下。


    ●『安倍首相はただのグローバリストだった!』
      https://youtu.☆be/UfK7W5og37U?t=7  (☆←トル)

安倍首相はグローバリストの経団連・国際金融資本から用意された課題を、
国民受けしやすい様にネーミングして、粛々と国を売る政策にしている。


【討論】『やっぱり移民! 外国人労働者という嘘』[桜H30/11/10]
 https://youtu.☆be/tYekYbdNYRk?t=6  (☆←トル)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最大の疑問は、なぜ人手不足がこんなに長く続いているのかという事だ。
その答はパートの時給は上がっても正社員の賃金が十分上がらないから。

絶対的な人手不足は、市場経済では起こりえない。
労働市場が機能していれば、人手不足(労働の過少供給)になったら、
賃金が上がり労働供給が増えて需要と一致するはずだ。

この様な労働市場の歪みを放置したまま外国人労働者の受入れを増やすと、
地方の中小企業で低賃金労働者として雇われて賃金が下がり、
日本人はそういう3K(きつい・汚い・危険)企業で働かなくなり、
さらに人手不足になって移民を増やす…という悪循環になるおそれが強い。

無原則に移民を増やすと、彼らが都市の一部に集まってスラム化し、
社会に深刻な亀裂が生まれ、そこから後戻りできないのがヨーロッパでの教訓。

ミルトン・フリードマンは「自由な移民は福祉国家と両立しない」と指摘して、
すべての移民の生活を国家が保障することもできないと論じた。

国家の中で人生が完結することを前提にする社会保障という制度は、
国境を超える移民には適していないのだ。

【SBI大学院大学 客員教授 青山学院大学 非常勤講師 池田 信夫】 (BAK087)
.


30 日本は逆行、世界は「グローバリズムの危険性」から目覚め様としている :2018/11/22(木) 10:01:46.23

>>1
 > 安倍首相は外国人の受け入れ拡大に向けた法改正案に関して、
 > 「外国人との共生社会の実現に向け環境整備を進めていく」。


トランプ政権を始め世界的に“反グローバリズム”に政策転換している現在、
世界のトレンドから周回遅れというより、むしろ“逆走”をしている安倍政権。


.
★☆★『トランプ大統領、国連総会でグローバリズム拒絶、愛国心を称賛』★☆★


ドナルド・トランプ米大統領は、米ニューヨークで開かれている国連総会で演説し、
「この部屋にいる全ての国が自分の風習・信条・伝統を追求する権利を尊重する」
――と述べ、グローバリズムの考え方を拒絶し、愛国心を称賛した。

これに対し、国連グテレス事務総長は「私たちは皆、“世界市民”でもある」と、
昼食会でトランプ大統領に忠告した。

【 BBC News Japan『トランプ氏、国連総会でグローバリズム否定』】
 https://www.bbc.com/japanese/45637431


日本の貿易依存度(GDPにおける輸出総額の比率)は15%程度しかなく、
ドイツや韓国の約40%、中国、ロシア、イタリアなどの25%前後と比べても低い。

実は、日本は輸出立国ではなく、米国の様に個人消費が経済を支える“内需国”。
故に、経済のグローバル化を進める必要性は高くない。
トランプ氏がグローバリズムにストップを掛たのは日本にとってプラスの方が大きい。

寧ろ、杉田氏が指摘する様に、グローバリスト/コミュニストが推進するLGBT支援より、
国内需要を支える人口(少子化)問題の方が政治的な優先順位が高いといえる。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


“国民国家”という意識がないと、「グローバリズムの害悪」がわからない、
それがないと、どんどん“ポリコレ”という形で入って来る物を受け入れてしまう。

ヘイトスピーチの対策法を設立させた自民党や官僚もそう、
今度は、LGBTの法案を推進しようとしている。

それは社会を混乱させるという意図を持って日本に入ってきているのであって、
それを安易に、ジェンダーフリーなどで推進しているのは、非常に滑稽である。

トランプを始めとして、世界はそれから目覚めようとしているのに、
いまだに、ぜんぜん目覚めていないのは日本なんです!


【秋の特別対談】『馬渕睦夫氏と語る』[桜H30/10/6] (BAK087)
 https://youtu.☆be/BU4nkKMmVfo?t=3195  (☆←トル)

.