にゅうす☆るーきー

ニュース(世の中の出来事)・芸能ニュース・健康・スポーツ・気になること
などなど、まとめて紹介しています。
お気軽にお立ちよりください☆

    カテゴリ: ニュース全般


    外国籍の子 就学不明1.6万人 義務教育の対象外 - 毎日新聞 - 毎日新聞
    日本に住民登録し、小中学校の就学年齢にある外国籍の子どもの少なくとも約2割にあたる約1万6000人が、学校に通っているか確認できない「就学不明」になっていること ...
    (出典:毎日新聞)


    不就学(ふしゅうがく)、非就学(ひしゅうがく)とは、学校に就学していないこと。通常は、学籍もない場合をさし、学籍はあるものの出席していない場合をさすことはあまりない。なお、「未就学」はどちらかといえば学齢未満の場合をさすニュアンスがある。広義の不登校に含まれる。 日本の義務教育制度は、学齢期の日本国籍者の義務教育諸学校(小学
    3キロバイト (433 語) - 2017年12月4日 (月) 00:10



    (出典 www.mhlw.go.jp)



    日本に住民登録している、外国籍の子どもたちは少なくとも1・6万人います。

    それなのに、外国籍の子どもたちに対する義務教育は対象外なのです。


    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/01/06(日) 22:21:34.92

     日本に住民登録し、小中学校の就学年齢にある外国籍の子どもの
    少なくとも約2割にあたる約1万6000人が、学校に通っているか
    確認できない「就学不明」になっていることが、全国100自治体を対象に
    した毎日新聞のアンケート調査で明らかになった。既に帰国している
    事例もあるとみられるが、外国籍の子は義務教育の対象外とされている
    ため就学状況を確認していない自治体も多く、教育を受けられていない
    子どもが多数いる可能性がある。

     アンケートは昨年9~11月、義務教育を受ける年齢の外国籍の子どもが
    多い上位100市区町を対象に実施。新年度が始まった直後の昨年5月の
    時点で住民登録されている6~14歳と、公立の小中学校や外国人学校に
    通っている児童・生徒の人数を聞いた。5月のデータがない自治体には
    近接した時点の人数を尋ね、全自治体から回答を得た。

     100自治体で住民登録されている6~14歳の外国籍の子どもは
    約7万7500人。アンケートでは、このうち7割超にあたる5万7013人が
    公立小中学校に在籍していた。この他、3977人が外国人学校や
    フリースクールなどに通っていた。

    (以下>>2以降につずく)

    毎日新聞【奥山はるな、堀智行】
    2019年1月6日 21時35分(最終更新 1月6日 21時58分)
    https://mainichi.jp/articles/20190106/k00/00m/040/148000c


    【【驚き!】外国籍の子 就学不明者1.6万人 義務教育の対象外になっている】の続きを読む


    【なんと!イチローにノルマ】マリナーズのGMから2戦7安打を課せられる


    イチローの存在感…「2戦7安打」GM発言の真意 イチローの存在感…「2戦7安打」GM発言の真意
    …レジェンドに激辛“ノルマ”が課された!? 昨季途中からマリナーズの会長付特別補佐を務めたイチロー外野手(45)について、ジェリー・ディポトGM(50)…
    (出典:野球(日刊スポーツ))


    「フリフリ!イチローくん」とは、河合じゅんじが『月刊まんがパロ野球ニュース』(竹書房)に1995年から1998年まで連載していた野球ギャグ漫画。 オリックスブルーウェーブのイチローを始め、様々なプロ野球選手・関係者が繰り広げるギャグ漫画。登場人物・球団名等は「かっとばせ!キヨハラくん」や「ゴーゴー!ゴジラッ
    1キロバイト (161 語) - 2018年2月12日 (月) 03:48



    (出典 www.nikkansports.com)



    イチローが、マリナーズのGMから、日本での開幕戦2戦で7安打のノルマを課せられていることを事が判明しました。

    昔ならできたかもしれませんが・・・

    イエイエ イチローならやってくれる気がします!

    3月20日・21日の開幕戦が楽しみです。




    【【なんと!イチローにノルマ】マリナーズのGMから2戦7安打を課せられる】の続きを読む


    【青学陸上部 新チームにて再始動】1/13 ブレーキ4・5区の二人ハーフマラソン参加


    青学、新チーム始動 ブレーキの4区岩見と5区竹石は13日のハーフマラソン出場 青学、新チーム始動 ブレーキの4区岩見と5区竹石は13日のハーフマラソン出場
    第95回箱根駅伝(2、3日)で5年ぶりに優勝を逃し2位だった青学大の新チームが5日、相模原市のキャンパス内陸上競技場で始動した。初戦は13日に栃木・…
    (出典:スポーツ総合(スポーツ報知))


    ^ 青山学院大学陸上競技部町田寮・寮母 原美穂さん(立川発!多摩てばこネット 時の人インタビュー・2016年1月4日) ^ 青学陸上部を密かに支えた"寮母"の声がけ なぜ「監督の監督」と呼ばれるのか(PRESIDENT Online・2018年1月4日) ^ 講演依頼.Net 原晋
    47キロバイト (6,208 語) - 2019年1月6日 (日) 02:29



    (出典 tamisan.com)



    第95回箱根駅伝で総合優勝を逃した青学大の陸上部。

    主将・副主将・寮長などが決まり新チームが始動。

    1/13に栃木で行われるハーフマラソンに参加予定。
    箱根駅伝で4・5区の2人が出場予定です。


    【【青学陸上部 新チームにて再始動】1/13 ブレーキ4・5区の二人ハーフマラソン参加】の続きを読む


    【駅 鉄道で手荷物検査】政府、実証実験を検討


    政府、鉄道駅の手荷物検査を検討 政府、鉄道駅の手荷物検査を検討
    …化しようと、駅で乗客を対象にした手荷物検査の実証実験を検討していることが5日、関係者への取材で分かった。東京都千代田区の東京メトロ霞ケ関駅が候補に挙が…
    (出典:社会(共同通信))



    (出典 gendai.ismedia.jp)



    2020年 東京オリンピック・パラリンピックの開催や東海道新幹線殺傷事件などを踏まえて 鉄道のテロを防ごうと鉄道の駅で手荷物検査の実証実験を政府は検討しています。

    時間に余裕がなく乗り込むことも多いので、そこで検査されたらつらいですが、少しでも安全になるのであれば仕方のないことかもしれません。

    物騒な世の中なので・・・


    【【駅 鉄道で手荷物検査】政府、実証実験を検討】の続きを読む


    吉岡里帆の実弟 花田優一氏に弟子入りも待ち受けた悪夢の日々 - livedoor
    吉岡里帆の実弟を弟子にとっていた花田優一氏を、「女性自身」が報じている。知人によると、優一氏は顧客たちからのクレームの処理をやらせていたという。吉岡の弟は後悔 ...
    (出典:livedoor)


    花田 優一(はなだ ゆういち、1995年9月27日 - )は、日本の靴職人、タレント。 父は第65代横綱の貴乃花光司、母はアナウンサーの河野景子、祖父は元大関の貴ノ花利彰、伯父は第66代横綱の三代目若乃花であった花田虎上、大伯父は第45代横綱の初代若乃花、祖母は女優の藤田紀子である。
    6キロバイト (619 語) - 2018年12月19日 (水) 14:06



    (出典 pbs.twimg.com)



    吉岡里帆さんはなぜ、実弟を花田優一氏に弟子入りさせたのでしょうか?
    実弟は、靴職人になりたかったのでしょうか?
    花田優一氏が脚光を浴びていたから選んだのでしょうか?

    数多くの疑問が残る報道です。


    1 muffin ★ :2019/01/05(土) 00:45:52.48 ID:CAP_USER9.net

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1699027/
    2019/01/05 00:00

    「花田優一氏の不誠実な対応を思い出すと本当に腹が立ちます」と語るのは、40代の男性・Aさん。Aさんが靴職人でタレントの花田優一(23)に製作を依頼したのは’17年春。だが結局、Aさんが完成した靴を受け取ることはなかった。

    昨年12月24日には『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が花田優一のインタビューを報じている。商品が送られてこない、料金の返却を求めても応じないなど、靴製作を巡る顧客とのトラブルも報じられてきたが、優一は次のように説明した。

    「靴の製作には時間がかかるもの。(顧客には)1人1人対応しています。説明不足だったお客様には自分からお電話をしたり、直接伺ってご説明したりしています」

    誠実ぶりをアピールし、トラブル報道を否定した優一だったが、前出のAさんは言う。

    「花田氏の会社に料金を振り込んでから1年後のことでした。私は地方に住んでいるのですが、靴が出来上がったという連絡があり、東京のホテルに呼び出されたのです。でも急に花田氏から『父(元貴乃花親方)が倒れて、看病しているので今日は会えない』という電話があり……。その後、何度かメールや電話をしたのですが、なかなか折り返しもなく、つながったと思ったら、『(連絡を)忘れていました』と言われました」

    実はAさんのような“被害者”は、靴をオーダーした人たちばかりではない。優一に弟子入りした若者も、彼から“被害”を受けていたのだ。優一の知人は言う。

    「’18年9月にTさんという男性が弟子になったとき、彼は周囲に自慢していたのです。『吉岡里帆ちゃんの弟も、俺の弟子になったからね』と」

    そう、弟子・Tさん(23)は人気女優・吉岡里帆(25)の実弟だった。吉岡は京都出身。もともと弟・Tさんも京都市内にあるフレンチレストランで働いていた。吉岡も弟のシェフ修行を応援しており、店を訪れたときの写真をインスタグラムで紹介している。だがTさんは突如、上京を決意。吉岡家の知人は言う。

    「東京で大活躍している里帆さんの姿を見て、Tくんも自分の力を東京で試してみたいと、考えるようになったようです。Tくんを花田優一さんに紹介したのは里帆さんだと聞いています。ただ里帆さんはTくんが靴職人を目指すことには反対していました」

    大きな希望を胸に抱いて上京したTさん。だが彼を待っていたのは悪夢の日々だった。

    「優一氏は顧客たちからのクレームの処理をTさんにやらせていたのです」(前出・優一の知人)

    前出のAさんは言う。

    「靴も完成せず、返金を求めると花田氏と連絡がとれなくなりました。困っていた私に代わりに電話をくれるようになったのがTさんでした」

    奇妙な話だが、返金を求めるAさんと、真面目に対応を続けるTさんは連絡を取り合っているうちに、少しずつ信頼関係を築いていったという。

    「次第にTさんは花田氏に弟子入りしたことを後悔するようになっていました。私にも『師匠が靴を作っている姿をほとんど見たことがない』『お客さんからのクレームを報告しても、まともに取り合ってもらえない』などと話すようになったのです。飲み歩いていて工房に帰ってこない花田氏を深夜まで待っていなくてはいけないこともあったそうです」

    Aさんは弟子を辞めるように勧めたという。するとTさんは苦しげにこう語ったのだ。

    「師匠がやっていることは、詐欺と言われても仕方がない。でもここで逃げたら、私も“共犯”になってしまうから、頑張ってお客さんの対応を続けたい」

    孤軍奮闘を続けていたTさんだが、結局、弟子入りから3カ月ほどで靴職人の道を断念。そして、弟の苦悩の日々を知った吉岡は号泣したという。

    12月29日、本誌はTさんへの指導について、優一を直撃取材した。微笑みを浮かべていた彼だが、Tさんの名前を出すと、とたんにムッとした表情に……。

    「あ~、もう辞めている*。理由? まぁ彼にもいろいろと考えがあったのでしょう」

    ――親交がある吉岡里帆さんの弟さんですよね?

    「……先方もいるお話ですので。私がお話しすることはないです」

    それだけ言い残すと、車に乗り込み、走り去っていった。


    【【吉岡里帆悲痛】実弟が花田優一に弟子入りも悪夢の日々で退職】の続きを読む

    このページのトップヘ