にゅうす☆るーきー

ニュース(世の中の出来事)・芸能ニュース・健康・スポーツ・気になること
などなど、まとめて紹介しています。
お気軽にお立ちよりください☆

    カテゴリ: スイーツ


    【原動力は2チャンネル】7年前VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今は?


    原動力になったのは“2ちゃんねる”――7年前、VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今 原動力になったのは“2ちゃんねる”――7年前、VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今
    ラテアートの達人・まっつんさんが「ラテアート専門店」をオープンしたというので遊びに行ってきました。まっつんさんは、2011年ごろから「2ちゃんねる」(※現在は「5ちゃんねる」)で人気になり、その後は…
    (出典:IT総合(ねとらぼ))


    メディアを再生する メディアを再生する ラテアートまたはコーヒー・アートは、バリスタによりエスプレッソを基本とする飲み物の上で作られたデザインをさす。 こうしたデザインは通常2種類の方法で作られ、時にそれらの組み合わせが用いられる場合もある。 第1の方法は、水差し(ミルク・ピッチャー)から出るミ
    3キロバイト (364 語) - 2019年4月8日 (月) 13:35



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    凄いですね!写真の3Dのペンギンラテアート!

    可愛すぎて飲めない・・。


    【【原動力は2チャンネル】7年前VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今は?】の続きを読む


    宮崎マンゴー初競り、1箱50万円 - BIGLOBEニュース
    宮崎県産完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが8日、宮崎市中央卸売市場で行われ、4Lサイズ2個入り1箱に過去最高の50万円の値が付いた。このマンゴーは福岡市内 ...
    (出典:BIGLOBEニュース)


    マンゴー(檬果、芒果、学名: Mangifera indica)は、ウルシ科マンゴー属の果樹、またその果実。菴羅(あんら)、菴摩羅(あんまら)ともいう。マンゴーの栽培は古く、紀元前のインドで始まっており、仏教では、聖なる樹とされ、ヒンドゥー教では、マンゴーは万物を支配する神「プラジャーパティ」の化身とされている。
    14キロバイト (1,891 語) - 2019年3月6日 (水) 12:13



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    凄い値段・・・

    とても手が出せませんが、美味しそう。

    食べてみたいですね~!


    1 シャチ ★ :2019/04/08(月) 10:33:37.92 ID:m2YokjZ69.net

     宮崎県産のブランド完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが8日、宮崎市中央卸売市場であり、2個入りケース(約1キロ)が、過去最高の50万円で落札された。JA宮崎経済連によると、生育期の天候が良く実が大ぶりで、濃厚な甘みを味わえるという。5月中旬~6月中旬に出荷のピークを迎える。

     競りは午前7時すぎに開始。同県西都市産にこれまでの最高を10万円上回る値が付くと、会場は大きくどよめいた。

     落札した宮崎市の青果卸売会社に勤める立本昭太さん(35)は「過去最高値が付くのは生産者の励みにもなる」と笑顔。このマンゴーは、福岡市の百貨店「岩田屋本店」で販売される。


    4/8(月) 10:22配信 共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000070-kyodonews-soci
    画像 初競りがあった宮崎県産のブランド完熟マンゴー「太陽のタマゴ」=8日午前、宮崎市中央卸売市場

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【宮崎マンゴー驚愕の値段】完熟マンゴー「太陽のタマゴ」が過去最高値の50万円 】の続きを読む


    【クリスマス ショートケーキは日本発祥?】


    実は日本発祥「定番の王道」 ショートケーキ復権、クリスマスに注目:イザ! - iza(イザ!)
    【近ごろ都に流行るもの】純白の生クリームに赤く輝く、日本が誇る国産イチゴ。日の丸を思わせる簡潔の美…。日本発祥のショートケーキに注目が集まっている。凝った ...
    (出典:iza(イザ!))



    (出典 www.g-maman.com)



    不二家の創業者がアメリカ視察した後、日本人好みの味にしてカステラにクリームを塗って販売したのが発祥と言われているようです。


    【【クリスマス ショートケーキは日本発祥?】】の続きを読む


    ベルギー高級チョコ「ゴディバ」日本事業売却へ 三菱商事など買収に名乗り ベルギー高級チョコ「ゴディバ」日本事業売却へ 三菱商事など買収に名乗り
    …すみ子) 1次入札は日本、韓国、オーストラリアなどのゴディバ事業が対象で、その中心は日本のゴディバジャパンだ。百貨店内や路面店などで約300店を展開し…
    (出典:経済総合(産経新聞))


    ゴディバ(Godiva Chocolatier, ゴディバ・ショコラティエ) は、トルコの食品企業・ウルケル(英語版)の子会社である、ベルギーのチョコレートメーカーである。 ベルギーで創業し、ベルギー王室の御用達とはされているが、現在はトルコのウルケル・グループの傘下にあり、アメリカ、ヨーロッパ、
    7キロバイト (777 語) - 2018年11月27日 (火) 12:36



    (出典 www.fashion-press.net)



    どこの企業が買い、どんな展開をさせていくのか 気になりますね。

    今後の動向に注目!



    1 ティータイム ★ :2018/11/27(火) 22:04:54.85 ID:CAP_USER9.net

    産経新聞 11/27(火) 19:54配信

    トルコの大手食品会社ユルドゥズ・ホールディングが、傘下のベルギーの高級チョコレート会社ゴディバの日本事業などの売却手続きに入ったことが分かった。
    このほど1次入札を実施し、三菱商事グループや投資ファンドなど10社近くが名乗りを上げたもようだ。売却額は1千億円超となる可能性もある。
    国内のチョコレート市場は成長が続いているだけに、優良ブランドの争奪戦は熱を帯びそうだ。(上原すみ子)

    1次入札は日本、韓国、オーストラリアなどのゴディバ事業が対象で、その中心は日本のゴディバジャパンだ。
    百貨店内や路面店などで約300店を展開し、平成29年度の売り上げは22年度に比べ3倍弱の398億円と大幅に増加している。

    好調な日本のゴディバ事業が売りに出された背景には、親会社の台所事情がある。
    ユルドゥズは、日清食品と即席パスタ麺の合弁会社も展開する大手食品会社。2007年に米キャンベル・スープからゴディバ事業を買収し、その後も買収による拡大路線を続けた。

    だが、今年夏以降のトランプ米政権とトルコ政府の関係悪化によるトルコ通貨リラの急落で外貨建て債務が増大。早期に現金収入を得られる好調なゴディバの一部事業売却を迫られた。

    入札には三菱商事がグループの丸の内ファンドと組んで応じたほか、米投資ファンドのベインキャピタルやカーライル・グループなど10社前後が名を連ねる。
    年内から来年にかけ、2次入札が締め切られる見通しで、来年半ばに売却先が決まりそうだ。

    ただ、投資余力の小さい日本の菓子メーカーは「1千億円規模の(高額の)買収金額では統合効果は少ない」と静観の構え。
    あるチョコレート大手の幹部は「一般的なチョコメーカーが高級チョコを傘下に収めると高級チョコのブランド価値が下がる可能性もある」と指摘する。

    これに対し、三菱商事は、ユルドゥズとのビジネスをかねて拡大したい意向だっただけに、金額勝負のファンドと一線を画し、提案力で争奪戦を勝ち抜きたい考えだ。

    一昨年、三菱商事がユルドゥズに持ちかけたのがローソンとの協業。昨年から、ゴディバと共同開発のスイーツを展開し好調だ。

    三菱商事の最大の狙いは、出資するシンガポールの農産物商社オラム・インターナショナルとの相乗効果の発揮だ。
    平成27年に約1300億円を投じて資本参加し、ナッツ類やコーヒーなどを世界大手食品メーカーなどに販売している。
    中でもカカオの加工事業は世界大手の一角を占める。ゴディバのブランド力を手に入れられれば、顧客目線の商品開発や販売網強化につながるとの思惑がある。

    少子化の中でも昨年の日本メーカーのチョコレートの販売額は前年比4・6%増の5500億円と、7年連続で過去最高を更新した。
    カカオの持つ健康効果が着目され、子供のおやつにとどまらず、大人の市場開拓につながっている。

    ゴディバは高級チョコレート市場での存在感が大きく、ファンドにとっても魅力的な投資案件だ。争奪戦の過熱で価格がつり上がる可能性もある。

    チョコレートをめぐっては、伊藤忠商事が筆頭株主の不二製油グループ本社も今月、米ブロマーの買収を発表。
    江崎グリコも今年3月、製法や原料にこだわる高品質のクラフトチョコレートの米製造販売会社を買収すると発表しており、世界のチョコレート市場で日本企業の存在感が高まっている。

    ■ゴディバ 1926年にベルギー人のショコラティエのピエール・ドラップス氏がブリュッセルで創業。原料や熟練した職人技によるこだわりのデザインでチョコレートを創造している。
    世界100カ国以上で店舗などを展開し、1972(昭和47)年に日本に初出店し、94(平成6)年にゴディバジャパンを設立して本格的に展開した。

    都内の「ゴディバ」の店舗

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000616-san-bus_all


    【【まさか!】ベルギー高級チョコ「ゴディバ」の日本事業売却へ】の続きを読む

    このページのトップヘ