にゅうす☆るーきー

ニュース(世の中の出来事)・芸能ニュース・健康・スポーツ・気になること
などなど、まとめて紹介しています。
お気軽にお立ちよりください☆

    カテゴリ: 国際


    【海外旅行にご注意を!】犬の脳を乗っ取りほぼ100%死に至らしめる狂犬病ウイルスが危険!


    狂犬病(きょうけんびょう、英語: rabies)は、ラブドウイルス科リッサウイルス属の狂犬病ウイルス (Rabies virus) を病原体とするウイルス性の人獣共通感染症である。水などを恐れるようになる特徴的な症状があるため、恐水病または恐水症 (英: hydrophobia)
    46キロバイト (6,748 語) - 2019年11月14日 (木) 09:04



    (出典 i2.wp.com)



    狂犬病ウイルスに侵された猫や他の動物に噛まれるケースもあるようです。

    特にアフリカとアジアが危険らしいのでご注意を。


    【【海外旅行にご注意を!】犬の脳を乗っ取りほぼ100%死に至らしめる狂犬病ウイルスが危険!】の続きを読む


    【いたずら?に逆上】学校常駐の警察官が女子生徒に暴行 アメリカ


    いたずらに逆上 学校常駐の警察官が女子生徒に暴行 いたずらに逆上 学校常駐の警察官が女子生徒に暴行
    いたずらに逆上した警察官が生徒を床にたたき付けました。 アメリカ・フロリダ州。学校の事務室に1人の女子生徒が現れます。学校に常駐している警察官の背後…
    (出典:国際総合(テレビ朝日系(ANN)))



    (出典 image.news.livedoor.com)



    女子生徒が警察官を蹴飛ばしているのかと思った。

    暴行は良くないけど、この女子生徒もどうなんだろう・・・。


    【【いたずら?に逆上】学校常駐の警察官が女子生徒に暴行 アメリカ】の続きを読む


    【IS(イスラム国)の報復テロはあるのか?】IS報復テロに日本も警戒が必要、バグダディ容疑者死亡を受けて


    IS報復テロへの警戒は日本も必要~バグダディ容疑者死亡で IS報復テロへの警戒は日本も必要~バグダディ容疑者死亡で
    …央アジアや東南アジア、日本に来る可能性は十分にあるでしょう。森田)アフガニスタンなどにも戦闘員がいると言われています。佐藤)日本のなかでも、数は少ない…
    (出典:国際総合(ニッポン放送))


    イラクとシリアで発生したイスラム過激派組織で、ISIL や IS、ダーイシュ、「イスラム国」と呼ばれることもある。なお ISISは、“Islamic State of Iraq and Syria”(イラクとシリアのイスラム国)の略称を由来としている。 ISISちゃん - イスラム過激派組織ISISの萌えキャラクター。
    2キロバイト (219 語) - 2018年8月14日 (火) 08:12



    (出典 static.blogos.com)



    日本も標的になりうる・・以前から言われていたことですが怖いですね。


    【【IS(イスラム国)の報復テロはあるのか?】IS報復テロに日本も警戒が必要、バグダディ容疑者死亡を受けて】の続きを読む


    【米のマクドナルド店:謝罪】ハロウィン飾りがあってはならない図柄で。私刑(リンチ)のモチーフか 


    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ? マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?
    …>米北西部にあるマクドナルドの店が、ハロウィンの飾りに私刑(リンチ)のイメージが描かれているという苦情を受けて謝罪した。マクドナルドのマサチューセッツ…
    (出典:国際総合(ニューズウィーク日本版))


    私刑といえる。 中世以前のヨーロッパでは、フェーデやアハトのような私刑原理があり、合法であった。しかし1400年代になり公権力による刑罰権の回収が行われると私刑は違法になった。ドイツでは1495年、マクシミリアン1世による「ラント平和令」の制定によって一切の私刑が禁止された。
    13キロバイト (1,829 語) - 2019年10月24日 (木) 16:31



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    子ども達もたくさん来るマクドナルド。

    目線的にも子供たちの方が目につきやすい。そんなところにこの絵はあってはいけない。


    【【米のマクドナルド店:謝罪】ハロウィン飾りがあってはならない図柄で。私刑(リンチ)のモチーフか 】の続きを読む


    【韓国への米国の意図とは?】GSOMIA破棄撤回を迫ったか?米空軍の死の鳥「B52」2機が異例飛行


    韓国にGSOMIA破棄撤回迫る? 米空軍、死の鳥「B52」2機が対馬海峡から日本海へ“異例飛行”
    米空軍のB52戦略爆撃機2機が25日、対馬海峡を通過して日本海(韓国名・東海)上空を飛行したことが注目されている。韓国メディアは「北朝鮮への警告」「中国とロシアを牽制…
    (出典:国際総合(夕刊フジ))


    B-52 Crashes Off Guam, Wired.com July 21, 2008 ^ 軍のB52、「航空機の墓場」から復活 来年にも前線へ ^ B1、B2爆撃機退役へ=20年代後半から-米空軍:時事ドットコム ^ Knaack, Marcelle Size. Post-World War
    56キロバイト (6,162 語) - 2019年10月30日 (水) 12:06



    (出典 giwiz-content.c.yimg.jp)



    韓国どうする⁉


    【【韓国への米国の意図とは?】GSOMIA破棄撤回を迫ったか?米空軍の死の鳥「B52」2機が異例飛行】の続きを読む

    このページのトップヘ