【防災発明品】北海道の地震で使われたもの・発明された便利グッズ


【北海道から伝えたい】断水でも大丈夫 避難所で安心の臭わないトイレ いま備えたい防災発明品 【北海道から伝えたい】断水でも大丈夫 避難所で安心の臭わないトイレ いま備えたい防災発明品
最大震度7と、その後に起きた停電、ブラックアウトで北海道は混乱に陥りました。胆振東部地震から4か月。あの時、どんな備えが必要だったのでしょうか。 今だからこそ考えたい。震災で注目されている災害時に活…
(出典:北海道(北海道ニュースUHB))


救命糧食 (カテゴリ 防災用品)
救命糧食(きゅうめいりょうしょく)は、自衛隊で使用されているレーション。通称「ガンバレ食」(がんばれしょく)。 通称「ガンバレ食」の由来は、“がんばれ!元気を出せ! 救助は必ずやってくる!”と書かれた紙片が必ず同封されていることから。戦時でない限り、遭難信号を受信した者は必要な措置を講じる義務がある。
2キロバイト (292 語) - 2016年11月1日 (火) 11:38



(出典 upload.wikimedia.org)



おがくずを使った臭わないバイオトイレ・エアマット・水のみで発電できる発電機が紹介されてます。

地震大国の日本・・不便な中でも少しでも快適に過ごせるような開発品はありがたいです。あとは、家庭でも使えるようなお手軽な値段であれば言うことないのですが・・。






【【防災発明品】北海道の地震で使われたもの・発明された便利グッズ】の続きを読む