【世界文化遺産】「陵墓は祈りの場」宮内庁が管理 保存管理に一層努力すると


「陵墓は祈りの場」宮内庁は静観、保存管理に一層努力 「陵墓は祈りの場」宮内庁は静観、保存管理に一層努力
世界文化遺産への登録が6日、決まった「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)の構成資産には、世界最大級の墳墓である「仁徳天皇陵古墳」(大山=だいせん=古墳)など宮内庁が管理する陵墓29基…
(出典:社会(産経新聞))


古墳 (陵墓の節)
天皇、皇后、皇太后が埋葬されている御陵と皇族の埋葬されている御墓を合わせた陵墓は宮内庁により管理されており全国には896の陵墓が存在する。宮内庁ではこれらの陵墓の学術調査を制限しており、発掘許可がなかなか下りない事が考古学研究が遅れる要因の一つとなっている。陵墓の埋葬者の比定は江戸時代の儒学者、国学者などの手による文
30キロバイト (5,344 語) - 2019年6月19日 (水) 02:22



(出典 img01.ti-da.net)



陵墓や陵墓参考地は宮内庁が管理しているなんて知りませんでした。

陵墓への立ち入りは出来ないようですが、学術的な調査はしてもらいたいなぁと個人的には思います。


【【世界文化遺産】「陵墓は祈りの場」宮内庁が管理 保存管理に一層努力すると】の続きを読む